超党派議連「訪朝の用意」

 超党派の日朝国交正常化推進議員連盟は8日、衆院議員会館で総会を開き、16日の日米首脳会談で拉致問題への最優先の取り組みを米側に働き掛けるよう菅義偉首相に求める決議を採択した。決議には、議連として「日朝国交正常化実現のために訪朝の用意がある」とも明記。来週前半にも首相に決議文を手渡す。

 総会後、会長を務める自民党の衛藤征士郎元衆院副議長は「われわれが北朝鮮に行って話し合いの場をつくる。突破口を開くのは議員外交しかない」と記者団に語った。 【時事通信社】