変異ウイルス拡大を警戒=物価、持続的に上昇せず―米FRB議長

 【ワシントン時事】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は8日、国際通貨基金(IMF)のオンラインイベントに参加し、変異した新型コロナウイルス感染が米国で増えており、「再拡大すれば景気回復が遅れる」と警戒感を示した。物価の持続的な上昇を否定し、金融緩和を維持する姿勢を強調した。

 パウエル議長は、景気と雇用の回復が想定を上回っていると発言。ただ変異ウイルスの感染拡大は「リスク」と語り、持ち直しの腰折れ回避へワクチン接種の普及が重要だと訴えた。 【時事通信社】