関西圏への緊急事態宣言発令に慎重=加藤官房長官

関西圏への緊急事態宣言発令に慎重=加藤官房長官

記者会見する加藤勝信官房長官

 加藤勝信官房長官は9日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大が見られる関西圏への緊急事態宣言発令に慎重な考えを示した。「緊急事態宣言は国民生活に影響を及ぼすので、そうならないようにするため、まん延防止等重点措置が位置付けられている」と語った。重点措置は既に大阪府、兵庫県に適用されており、京都府も追加される。

 埼玉、千葉、神奈川の3県への重点措置適用を見送る理由に関しては「東京都とは異なり、(感染状況を示す4段階の指標で)ステージ3相当の対策が必要な地域にあるとは言えない」と指摘。奈良県については「県からは、大阪府から流入している感染者が多いという認識が示されている」と説明した。 【時事通信社】