菅首相、韓国と意思疎通=駐韓公使発言「不適切で遺憾」

菅首相、韓国と意思疎通=駐韓公使発言「不適切で遺憾」

東京五輪・パラリンピック競技大会推進本部で発言する菅義偉首相=16日、首相官邸

 菅義偉首相は19日、韓国政府が東京五輪開会式に合わせた文在寅大統領の訪日を見送ると発表したことについて、「日韓関係を健全に戻すため、わが国の一貫した立場に基づいて韓国側としっかり意思疎通を行っていきたい」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は韓国大統領府の発表内容に触れ、「東京五輪・パラリンピックの成功を希望する旨述べている。こうしたことには留意したい」と一定の評価を示した。

 文大統領訪日をめぐり、在韓日本大使館の相馬弘尚総括公使が韓国政府の反発を招く発言をしたことについて、首相は「外交官として極めて不適切な発言であり、遺憾だ」と表明。ただ、公使発言の影響に関しては「韓国側の対応について、私は述べる立場にはない」と言及を避けた。 【時事通信社】