加藤官房長官、韓国の具体的対応注視=二階氏、訪日見送り「残念」

加藤官房長官、韓国の具体的対応注視=二階氏、訪日見送り「残念」

記者会見する加藤勝信官房長官=19日、首相官邸

 東京五輪に合わせた文在寅韓国大統領の訪日が見送られたことを受け、政府・与党幹部から20日、発言が相次いだ。

 加藤勝信官房長官は記者会見で、「日韓関係は非常に厳しい状況にある」との認識を示した。元徴用工や慰安婦問題を挙げて「両国間の懸案解決のため、韓国が責任を持って対応することが重要であり、韓国側の具体的提案を注視している」と強調するとともに、「日韓関係を健全な関係に戻すためにも、外交当局間の意思疎通は維持していきたい」と語った。

 自民党の世耕弘成参院幹事長は会見で、元徴用工をめぐる問題などについて「韓国側にしっかりした対応を求めたい」と指摘した。

 一方、二階俊博幹事長は会見で、文氏の訪日見送りについて、「残念だ」と述べた。二階氏は韓日議員連盟幹部との会談で、文氏と菅義偉首相による日韓首脳会談の実現に期待を示していた。

 公明党の山口那津男代表は「訪日が実現しなかったことは韓国側の事情があると思うが、日韓がさまざまな懸案を解決する努力を今後も尽くすべきだ」と述べた。首相官邸で記者団に語った。 【時事通信社】