丸川五輪相、「15分外出可」見直し要請=外国関係者向け特例

丸川五輪相、「15分外出可」見直し要請=外国関係者向け特例

丸川珠代五輪担当相=16日、首相官邸

 丸川珠代五輪担当相は20日の閣議後の記者会見で、東京五輪・パラリンピック組織委員会が15分以内の外出を特例として認める案内文を選手を除く海外関係者の宿泊施設に掲示していたことに対し、「誤解を生じる恐れがある」として見直すよう組織委へ19日に要請したと明らかにした。

 丸川氏は「原則は帯同なしの外出は認めないことになっている」と指摘。「(新型コロナウイルス対策規則集の)プレーブックの厳格な運用を求めた。速やかに是正されるかどうか確認する」と説明した。

 これに関し、立憲民主党の逢坂誠二氏は20日、五輪関係者と外部の接触を遮断する「バブル方式」の徹底を求める要望書を丸川氏に提出。丸川氏はしっかり対応することを約束した。 【時事通信社】