歴史問題で平行線=対話継続は確認―日韓次官協議

歴史問題で平行線=対話継続は確認―日韓次官協議

日韓協議 歴史問題で平行線

歴史問題で平行線=対話継続は確認―日韓次官協議

協議に臨む森健良外務事務次官(右)と韓国の崔鍾建外務第1次官=20日午後、東京都港区の飯倉公館(代表撮影)

 外務省の森健良事務次官は20日、韓国の崔鍾建外務第1次官と東京都内の外務省飯倉公館で会談した。森氏は元徴用工や慰安婦をめぐる問題で「国際法違反」の状態を早期に是正するよう要求。これに対し崔氏は、韓国側の立場を改めて主張した。協議は平行線をたどったが、両氏は外交当局間で対話を継続していく方針で一致した。

 韓国外務省によると、崔氏は「正しい歴史認識を基に、開かれた姿勢で臨むことを期待する」と日本側に求めた。 【時事通信社】