与野党、感染対策の徹底訴え=選手にはエール、共産は中止要求―東京五輪

 23日の東京五輪開会式に当たり、与野党幹部らは選手の活躍に期待を示す一方、新型コロナウイルス対策の徹底を訴えた。共産党は改めて中止を要求した。

 自民党の佐藤勉総務会長は22日、開催への根強い批判を踏まえ「厳しい状態にあるが(関係者は)成功に向かって頑張ってほしい」と要望。その上で「日本選手への期待は大きい。いろんなことを乗り越えて頑張ってほしい」と取材に語った。

 公明党の山口那津男代表はコメントで、水際対策や大会関係者の厳格な行動管理などに触れ「安全安心に開催されることを望む」と強調。選手には「鍛錬の成果発揮を期待し、心から応援したい」とエールを送った。

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は取材に、開会式の楽曲担当者らが相次いで辞任したことに関し「日本の恥ずべき人権感覚を示した。開催を素直に喜べない状況だ」と指摘。ただ、アスリートの活躍には期待を示し「感染が広がらず無事に競技が進められることを切に願う」と述べた。

 共産党の志位和夫委員長は声明を発表し、「緊急事態宣言を出しながら五輪に突き進んだことが感染抑止の重大な障害となっている」と中止を主張。国民民主党の玉木雄一郎代表は談話で、「国民が安心して応援できる環境をつくるには感染対策の徹底と水際対策の強化が必要だ」と指摘し、臨時国会の早期召集を政府に求めた。

 日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は談話で、「選手が世界中に勇気と夢を与えてくれることを願う」と表明。「五輪の成功は感染拡大防止と表裏だ。万全の対策を強く求めたい」と記した。 【時事通信社】