自民総裁選、河野氏が出馬表明=原発再稼働容認―岸田・高市氏に続き3人目

自民総裁選、河野氏が出馬表明=原発再稼働容認―岸田・高市氏に続き3人目

自民党総裁選の出馬を表明し、記者会見する河野太郎規制改革担当相=10日午後、衆院議員会館

 河野太郎規制改革担当相(58)は10日、衆院議員会館で記者会見し、菅義偉首相の後継を選ぶ自民党総裁選(17日告示、29日投開票)への立候補を表明した。河野氏の出馬は、野党時代の2009年以来、2回目となる。河野氏は脱原発を掲げてきたエネルギー政策について「原発を当面は再稼働するのが現実的」との考えを示した。

 出馬表明は岸田文雄前政調会長(64)、高市早苗前総務相(60)に続き3人目。1週間後の告示日に向け、党内の攻防が激化しそうだ。

 河野氏は会見で「ぬくもりのある社会をつくる。日本を前に進めたい」と強調。安倍晋三前首相の看板政策「アベノミクス」については「賃金まで波及しなかった」と問題点を指摘した。2%の物価目標達成も「かなり厳しい」と認めた。

 その上で「企業から個人へ。個人を重視する経済を考えていきたい」と述べた。具体的には、労働分配率を引き上げた企業への法人税特例措置を挙げるにとどめた。

 党内には脱原発と合わせ、河野氏がかつて言及した「女系天皇」容認論に対しても懸念がある。河野氏は会見で、政府の有識者会議の結論を尊重する考えを示し、不安解消に努めた。森友学園問題の再調査も「必要ない」と否定した。

 会見で配布した政策パンフレットには(1)ワクチン2回接種後の社会平常化プログラム提示(2)新たな脅威に対応する防衛力の整備・強化(3)新しい時代にふさわしい憲法改正―などを盛り込んだ。

 会見に先立ち、河野氏は首相、二階俊博幹事長と相次ぎ面会し、総裁選出馬を報告。また、所属する麻生派議員約25人との会合で支援を要請した。

 一方、岸田氏は業界団体とのオンライン対話など党員票対策を進めた。この後、河野氏を念頭に「私のアピールポイントはチーム力。怒鳴ってばかりではチーム力は発揮できない」と記者団に語り、対決姿勢を鮮明にした。

 高市氏は14日にも選対本部を発足させる方向で調整しており、河野氏出馬について記者団に「政策(論争)に厚みが出る」と語った。総裁選では石破茂元幹事長(64)と野田聖子幹事長代行(61)も出馬の可能性を探っている。 【時事通信社】