菅首相、衆院選準備を指示=自民地方組織と最後のリモート対話

菅首相、衆院選準備を指示=自民地方組織と最後のリモート対話

自民党の地方組織幹部とのリモート対話の冒頭、あいさつする菅義偉首相=11日午後、東京・永田町の同党本部

 菅義偉首相は11日、自民党本部で大阪府連など7府県連幹部とのリモート対話を行った。首相は「党総裁選が終わるとすぐ衆院選だ。しっかりとした対応をお願いする」と述べ、準備を急ぐよう指示をした。リモート対話は昨年10月から始まり、同日で全ての都道府県連との日程を終えた。

 同席した小野寺五典組織運動本部長によると、新型コロナウイルス対策に関し、首相は3回目の接種を想定したワクチン確保について、「国民全員が接種できる分について来年度末に向けてしっかり確保の見通しが立っている」と説明した。 【時事通信社】