岸田氏「中国に対抗」前面=外交・安保政策を発表―自民総裁選

岸田氏「中国に対抗」前面=外交・安保政策を発表―自民総裁選

自民党総裁選に向けて政策を発表する岸田文雄前政調会長=13日午前、東京・永田町

 自民党の岸田文雄前政調会長(64)は13日、党総裁選(17日告示、29日投開票)に向けた公約の第3弾として、外交・安全保障政策を発表した。経済・軍事両面で存在感を増す中国を視野に、人権問題担当の首相補佐官や経済安保担当の閣僚ポストの設置を提唱。同国に対抗する姿勢を前面に掲げ、保守層にアピールする狙いがあるとみられる。

 岸田氏は記者会見で「外交・安保を進める者は国益のため、覚悟を決め腹をくくる姿勢が不可欠だ」と強調。延期されている習近平中国国家主席の国賓来日について「具体的に日程を考える状況ではない」との認識を示した。

 岸田氏は中国に関し、「権威主義的・独裁主義的体制が拡大」していると指摘。台湾海峡の安定や香港、新疆ウイグル自治区の人権問題に「毅然(きぜん)と対応」し、「民主主義、法の支配、人権等の普遍的価値を守り抜く」と主張した。 【時事通信社】