日米豪印、対中国で連携強化へ=退任直前の異例訪米―菅首相

日米豪印、対中国で連携強化へ=退任直前の異例訪米―菅首相

官邸に入る菅義偉首相=14日午前、東京・永田町

 加藤勝信官房長官は14日の記者会見で、菅義偉首相が来週訪米し、日米とオーストラリア、インドの4カ国(通称クアッド)による初の対面首脳会談に臨む方針を明らかにした。台頭する中国に対し4カ国の連携強化を確認。バイデン米大統領との個別会談も調整している。退任直前の首相の外遊は異例だが、首相としては外交分野の実績をアピールして「花道」としたい考えだ。

 クアッドの首脳会談は24日に、対面形式で行われる。オンラインで開かれた3月以来。「自由で開かれたインド太平洋」の推進や、新型コロナウイルス対策の協力などについて話し合う。サキ米大統領報道官はクアッド開催を発表した声明で「4カ国の関係を深め、実践的な協力を深化させる」と強調した。 【時事通信社】