辺野古不承認「理由を精査」=移設工事は継続―松野官房長官

辺野古不承認「理由を精査」=移設工事は継続―松野官房長官

松野博一官房長官=24日、首相官邸

 松野博一官房長官は26日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり、県側が政府の設計変更申請を不承認としたことについて「理由の精査を進めていく」と述べ、慎重に対応を検討する方針を示した。申請の対象外となる部分の工事は「進めていく」とも強調した。 【時事通信社】