「6カ月」接種、集団感染時に限定=3回目ワクチンで判断基準―政府

 政府は26日、新型コロナウイルスワクチンの2回目と3回目の接種間隔について、医療機関や高齢者施設でのクラスター(感染者集団)発生時に限定し、例外的に「6カ月」への短縮を認めると発表した。原則は「8カ月」とする方針は維持する。全国の自治体に同日、こうした判断基準を通知した。

 通知によると、3回目接種の前倒しを認めるのは(1)クラスターが発生した医療機関や高齢者施設(2)同じ保健所管内にある複数の医療機関などでクラスターが発生した場合は、その管内にある医療機関や高齢者施設―などとする。入院患者や施設利用者、従業員らが対象となる。

 前倒しする際は「市町村が計画を策定し、事前に厚生労働省と相談すること」を要請。既に配分されたワクチンを使用する。

 一方、後藤茂之厚労相は26日、東京都内で記者団に対し、国内で新型コロナ感染が再拡大した場合は「8カ月を待たず(追加)接種を行う範囲をさらに検討する」と説明した。 【時事通信社】