小野寺防衛相、「稲田氏に報告」疑問視=日報問題、当事者不在で質疑

日報"稲田氏に報告"を疑問視

小野寺防衛相、「稲田氏に報告」疑問視=日報問題、当事者不在で質疑

小野寺防衛相、「稲田氏に報告」疑問視=日報問題、当事者不在で質疑

衆院安全保障委員会で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報問題について説明する小野寺五典防衛相=10日午前、国会内

 衆院安全保障委員会は10日午前、南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報問題をめぐり閉会中審査を行った。特別防衛監察で日報を非公表としたことへの稲田朋美元防衛相の関与があいまいにされたことについて、小野寺五典防衛相は「(報告が)なかったという方は終始一貫しているが、(報告を)したかもしれないという方は意見が二転三転した」と述べ、報告したとする陸上自衛隊幹部らの主張の信ぴょう性に疑問を呈した。民進党の升田世喜男氏への答弁。
 監察結果は、稲田氏が2月に岡部俊哉陸上幕僚長(当時)や黒江哲郎防衛事務次官(同)から説明を受けた際に、陸自での日報データ保管について「何らかの発言があった可能性は否定できない」としていた。稲田氏は「報告を受けた認識はない」と主張しているが、小野寺氏は稲田氏に自ら電話し、特別防衛監察の聴取に答えたことに「間違いはない」との確認を得たと説明した。
 野党は稲田、岡部、黒江各氏の参考人招致を求めていたが、与党側が拒否し、閉会中審査はこの3人抜きで行われた。民進党の後藤祐一氏は「国会で真相を明らかにすべきだ」と3人の出席を重ねて要求。小野寺氏は委員会の判断に委ねる考えを示すにとどめた。
 2月の会議に同席した辰己昌良官房審議官(前統合幕僚監部総括官)は稲田氏に報告があったかどうかについて「申し上げることは差し控える」と確認を避けた。