解散風「吹きかけている」=二階自民幹事長

解散風「吹きかけている」=二階自民幹事長

記者会見する自民党の二階俊博幹事長=20日午後、国会内

 自民党の二階俊博幹事長は20日の記者会見で、衆院解散・総選挙の可能性について「近頃、風が吹きかけているように思うから、あらゆる時に備えて対応したい」との認識を示した。

 菅義偉官房長官が内閣不信任決議案の提出は解散の大義になると発言したことに関し、二階氏は「基本的な考え方は私も同じだ」と同調。その上で「解散は重要な事項だから、首相の判断に委ねたい」と語った。

 一方、二階氏は「解散権を乱用すべきではない。(国民に信を問う事態は)発生していないと判断している」とも指摘した。 【時事通信社】