デジタル手続き法成立=引っ越しや相続がネットで

 行政手続きをインターネット上で行えるようにする「デジタル手続き法」が24日の参院本会議で、与野党の賛成多数で可決、成立した。引っ越しや死亡・相続などに伴う煩雑な手続きが簡素化され、住民の利便性向上が期待される。政府は年内に「情報システム整備計画」を策定し、準備が整った分野から順次実施する。

 菅義偉官房長官は同日の記者会見で、「デジタル技術を最大限活用し、社会全体のデジタル化を進め、さらに効率的な豊かな社会を実現したい」と述べた。 【時事通信社】