衆院財金委、14日に質疑へ=老後資金で麻生氏追及−野党

 衆院財務金融委員会は13日の理事懇談会で、公的年金とは別に老後資金に2000万円が必要だとする金融庁の報告書について質疑するため、14日に委員会を開くことを決めた。夏の参院選を控え、与党は沈静化を急ぐが、野党側は麻生太郎金融相の責任を追及して、安倍政権に打撃を与えたい考えだ。

 14日の委員会では、冒頭に金融庁が報告書について説明。この後、立憲民主党会派の大串博志氏らが質問に立ち、麻生氏が「政府のスタンスと合わない」として、報告書の受け取りを拒否した真意などをただす。

 立憲の辻元清美国対委員長は13日の党会合で「『消された報告書問題』を絶対に許してはいけない。今からが勝負だ」と述べ、徹底的に追及する考えを強調した。野党内では、麻生氏の不信任決議案提出を求める声も出ている。 【時事通信社】