普天間の早期運用停止を=玉城沖縄知事

 沖縄県の玉城デニー知事は13日、杉田和博官房副長官と首相官邸で会談した。同県浦添市内の中学校に米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属の大型輸送ヘリコプターの部品が落下したことについて、「あり得ない現実が続いている」と反発。同飛行場の早期の運用停止を米政府に働き掛けるよう求めた。

 これに対し杉田氏は、米側には部品落下について申し入れていると説明。政府と県、市の3者で話し合う作業部会を早期に開きたいとの考えを示した。 【時事通信社】