安倍首相、情報収集を指示=タンカー攻撃

 安倍晋三首相は13日、中東ホルムズ海峡近くで日本の海運会社が運航するタンカーが攻撃されたことを受け、関係国と連携し、情報収集と乗組員の安全確保に万全を期すよう関係省庁に指示した。内閣官房が発表した。

 政府は13日午後3時に首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置。首相に対し、直ちに状況を報告した。政府関係者は「国土交通省を中心に情報収集している」と説明した。 【時事通信社】