陸上イージス、説明体制を強化=不手際相次ぎ、防衛省

 岩屋毅防衛相は14日の記者会見で、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備候補地である秋田県への説明資料に誤りがあった問題などを受け、「イージス・アショア整備推進本部」(本部長・原田憲治防衛副大臣)を近く設置する考えを明らかにした。地元への説明などに当たる体制を強化するのが狙い。防衛省の不手際が相次いでおり、自民党から体制の刷新や強化を求める声が出ていた。 【時事通信社】