プラごみ対策、速やかに実行を=北極利活用へ研究加速−安倍首相

 政府は18日、総合海洋政策本部の会合を首相官邸で開いた。安倍晋三首相は深刻な海洋汚染を引き起こすプラスチックごみへの対応が今月下旬の20カ国・地域(G20)首脳会議の重要テーマになると指摘した上で、「わが国がしっかりと世界をリードしていけるよう実効性のある対策を速やかに実行してほしい」と指示した。

 首相はまた、「次なるフロンティアとして北極の重要性もますます高まっている」と述べ、各国の開発競争が激しくなりつつある北極海の利活用に向け、研究・開発を一層加速するよう要請。中国の海洋進出などを念頭に、国境離島の状況把握も進めるよう求めた。 【時事通信社】