馬毛島160億円で一定合意=菅官房長官

 菅義偉官房長官は2日の記者会見で、在日米軍再編に伴う米軍空母艦載機の離着陸訓練(FCLP)の移転先候補地となっている鹿児島県・馬毛島(西之表市)について、地権者との間で11月29日に売買額約160億円で一定の合意に達したと明らかにした。

 菅氏は、「米空母艦載機着陸訓練と施設確保は安全保障上の重要な課題であり、早期に恒久的な施設を整備できるよう取り組んでいきたい」と強調した。自衛隊の訓練にも使用するかどうかについては、「さまざまな対応を検討していきたい」と語った。 【時事通信社】