馬毛島「売買額は適正」=菅官房長官

 菅義偉官房長官は2日の記者会見で、米軍空母艦載機の離着陸訓練(FCLP)の移転先候補地である鹿児島県・馬毛島(西之表市)の売買額が約160億円で一定合意したことに関し、「取得は日米同盟の抑止力の維持やわが国の防衛力の強化に極めて重要であり、売買額は適正だ」と述べた。

 菅氏は地元の理解をどう得るか問われ、「地元の皆さんの思いを受け止めながら、政府としては正式に買収することができたら丁寧に説明をしたい」と語った。 【時事通信社】