育休、自分だけではだめ=小泉環境相

 小泉進次郎環境相は3日の記者会見で、育休について「自分が取ればいいというものではない。環境省職員の働きやすい環境、育休、産休、復職のしやすい環境をつくりたい」と述べ、自らの取得には同省職員の働きやすい環境整備が必要との考えを示した。同省職員の働き方には課題が多いと指摘した上で、「それを一つ一つ解消していく努力をしない中で、自分が(育休を取る)ということはない」とも述べた。 【時事通信社】