参院予算委員長、一般質疑を提案

 参院予算委員会の金子原二郎委員長(自民)は3日の理事懇談会で、一般質疑の開催を提案した。自民党は4日に回答する考えを示した。立憲民主党の蓮舫筆頭理事は懇談会後、記者団に「安倍(晋三)首相が出なければ全く意味がないが、疑惑解明に一歩進むのであれば開く努力をしていただきたい」と語った。

 金子氏の提案は、参院規則に基づく野党の委員会開会要求に対応したものとみられる。同規則は、委員の3分の1以上の要求があれば、委員長は委員会を開かなければならないと定めている。 【時事通信社】