国会会期延長せず=野党、反対で一致―自民・森山氏

 自民、公明両党の幹事長・国対委員長は4日午前、東京都内のホテルで会談し、9日に会期末を迎える今国会の最終盤を緊張感を持って臨む方針を確認した。この後、自民党の森山裕国対委員長は記者団に「法案(処理)はほぼめどが付いている。会期の延長は頭の中にない」と説明した。

 森山氏は、首相主催の「桜を見る会」について、「安倍晋三首相も本会議で答えている。内閣委員会も開き、議論を重ねてきた。国民のご理解をいただきつつあるのではないか」と語り、野党が求める予算委員会集中審議には応じない考えを改めて示した。

 一方、主要野党は4日の国対委員長会談で、首相への追及を続けるため、会期の大幅延長を求める方針を確認。この後、立憲民主党の安住淳氏は記者団に「(与党は)くさいものにふたをして『終わった』と言っている。誠に異例だが、野党側から会期延長を働き掛けたい。(会期が)越年しても全然構わない」と語った。 【時事通信社】