バックアップ情報は公開対象外=「桜を見る会」名簿廃棄で菅官房長官

 菅義偉官房長官は4日の記者会見で、内閣府が今年の「桜を見る会」の招待者名簿を廃棄していた問題に関連し、同府内のコンピューターサーバーにバックアップのために一時保存されるデータの扱いについて「行政文書には該当せず、情報公開請求の対象にはならない」との認識を示した。「国会議員の資料請求にも応じる必要はないのか」との問いにも、菅氏は「公文書でないから、そうだ」と答えた。 【時事通信社】