野党若手提言「共同会派を政党に」=立憲前向き、国民は慎重

 野党共同会派の若手グループ「直諫(ちょっかん)の会」の重徳和彦会長らは4日、共同会派に属する議員が結集した政党を早期に結成することを求める提言をまとめ、立憲民主党の枝野幸男、国民民主党の玉木雄一郎両代表らあてに提出した。

 立憲は安住淳国対委員長が応対し「年明けに衆院解散があるかもしれない。危機感を持って結束していくべきだ」と前向きな姿勢を示した。

 国民民主で提言を受けた平野博文幹事長は「大きな固まりをつくりたい」としつつ、政策などの調整を念頭に「いろいろと重たい課題があるのは事実だ」と語った。 【時事通信社】