19年訪日客、3188万人=過去最高も伸び鈍化

 赤羽一嘉国土交通相は10日の閣議後記者会見で、2019年の訪日外国人数が前年比2.2%増の3188万人になったと明らかにした。7年連続で過去最高を更新したものの、日韓関係悪化に伴う韓国人客の減少などにより、伸びは18年の8.7%増から鈍化した。

 政府は東京五輪・パラリンピックが開催される20年に訪日客を4000万人に伸ばす目標を掲げている。ただ、旅行大手JTBが20年の訪日客数を3430万人と予測するなど、達成は厳しいとの見方も出ている。

 赤羽氏は、五輪や羽田空港の発着枠拡大などといった機会を活用して「目標達成へありとあらゆる手を打っていく」と訴えた。日韓関係についても「好転の兆しが少しずつ出ている」と述べ、訪日客の取り込みを加速させる考えを示した。 【時事通信社】