自衛隊派遣に理解求める=安倍首相、中東歴訪スタート

首相 海自派遣に理解求める

 【リヤド時事】安倍晋三首相は11日、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーンの中東3カ国歴訪をスタートさせた。海上自衛隊の派遣について、日本関係船舶の安全確保に向けた「情報収集の強化」が目的だと各国首脳に直接説明し、理解と協力を得たい考え。同時に米国とイランの対立激化を受け、地域の緊張緩和に向けた動きを強めるよう働き掛ける。

 首相は政府専用機で最初の訪問国サウジの首都リヤドに11日午後(日本時間同日深夜)に到着。羽田空港出発の前に記者団に、海自派遣について「関係国の理解を得て、万全の準備を進めていきたい」と語るとともに、中東安定化を目指して「対話、自制的な対応を促し、日本ならではの平和外交を粘り強く展開していく」と強調した。 【時事通信社】