枝野氏「立・国、合流以外の選択も」=玉木氏「拙速避けたい」

 立憲民主党の枝野幸男代表は12日のNHK番組で、国民民主党との合流見送りの可能性に言及した。野党共同会派の連携強化や、選挙協力の深化なども選択肢だと指摘。「何を選択するか最終段階の判断をしようという状況だ」と語った。

 これに対し、国民の玉木雄一郎代表は同番組で、「合流を強行し、野党の連携が崩れてはならない。期限を切って拙速になることは避けたい」と強調した。玉木氏の発言は10日に収録された。 【時事通信社】