自衛隊派遣への協力表明=UAE皇太子が安倍首相に

自衛隊派遣への協力表明=UAE皇太子が安倍首相に

アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国のムハンマド皇太子(右)と会談する安倍晋三首相=13日、アブダビ(WAM提供・AFP時事)

 【アブダビ時事】アラブ首長国連邦(UAE)を訪問中の安倍晋三首相は13日午後(日本時間同日夜)、UAEの首都アブダビの大統領宮殿でアブダビ首長国のムハンマド皇太子と会談した。首相は海上自衛隊の中東派遣について理解を求め、皇太子は「沿岸国として、具体的な協力、支援を惜しまない」と応じた。

 首相は自衛隊派遣について、日本関係船舶の安全確保が目的であることを説明。皇太子は「日本の海洋安全保障に対する取り組みを評価し、歓迎する」とも述べた。両政府は、自衛隊派遣をめぐる具体的な支援や協力に関し、事務レベルで調整を進める方針だ。

 両氏は、航行の安全確保に向け、引き続き連携することでも一致。UAEは米国主導の民間船舶護衛構想「海洋安全保障イニシアチブ」への参加をサウジアラビアなどとともに、既に表明している。

 軍事行動の応酬に拡大した米国とイランの対立については、両氏は今後もサウジなどと連携し、外交努力を尽くすことを確認した。 【時事通信社】