日米安保の意義強調=菅官房長官

 菅義偉官房長官は15日の記者会見で、日米安全保障条約改定から今月19日で60年を迎えることに関し「日米同盟は今やわが国のみならず、インド太平洋地域、国際社会の平和と安定の礎の役割を果たしている」と意義を強調した。その上で「今後とも米国と緊密に連携し、地域や国際社会の平和と繁栄の確保に取り組んでいきたい」と語った。 【時事通信社】