河井前法相夫妻の政倫審要求へ=主要野党―公明代表も説明責任指摘

河井前法相夫妻の政倫審要求へ=主要野党―公明代表も説明責任指摘

野党国対委員長会談に臨む立憲民主党の安住淳氏(中央)ら=16日午前、国会内

 立憲民主党など主要野党は16日の国対委員長会談で、自民党の河井克行前法相(衆院議員)と妻の案里参院議員の公職選挙法違反疑惑について、衆参両院政治倫理審査会の場での両議員の説明を求める方針で一致した。立憲の安住淳国対委員長は記者団に、15日の河井夫妻の説明に関し「説明になっていない。きちんと説明してもらわないと国会は始まらない」と強調した。

 参院では自民、立憲の両国対委員長が会談し、立憲は、案里氏から自民が事情を聴き、議院運営委員会に報告するよう求めた。

 公明党の山口那津男代表も記者会見で「徹底的な解明、捜査を尽くしてもらいたい。両議員には説明責任を自ら果たすように求めたい」と述べた。両議員の進退は「事実関係に基づいた身の処し方は本人が考えるべきことだ」と語った。 【時事通信社】