通信傍受、10件48人逮捕=政府、19年報告を決定

通話傍受 10事件で48人逮捕

 政府は14日の閣議で、2019年に全国の警察が10の事件捜査で通信を傍受し、計48人を逮捕したとの国会報告を決定した。いずれも携帯電話が対象。

 内訳は、薬物密売(覚せい剤取締法違反、麻薬特例法違反)4件、窃盗3件、詐欺2件など。傍受回数は計9133回で、実施期間は最長30日間。また、18年に傍受した3事件で、19年に入って計44人を逮捕した。法務省は事件の詳細を公表していない。 【時事通信社】