在チェコ大使館で感染者=在外公館初、現地採用者―新型コロナ

 外務省は21日、在チェコ日本大使館で現地採用のチェコ人職員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。性別や年齢は明らかにしていない。日本の在外公館で感染者が確認されたのは初めてで、本省を含めても初のケース。感染経路や大使館内の濃厚接触者などについて調査を進めている。

 外務省によると、この職員は現地時間の13日に発熱。17日にウイルス検査を受け、20日に感染が確認された。13日以降、自宅で療養しているという。チェコを所管する中・東欧課は「邦人保護を含む通常業務に支障がないよう対策を講じていく」としている。 【時事通信社】