安倍首相、森友改ざん関与を否定=野党、手記踏まえ追及―参院予算委

安倍首相、森友改ざん関与を否定=野党、手記踏まえ追及―参院予算委

参院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=23日、国会内

 23日の参院予算委員会で、主要野党は学校法人「森友学園」に関する決裁文書改ざん問題をめぐり、自殺した財務省近畿財務局職員の手記に基づき、安倍晋三首相の責任を改めて追及した。しかし、首相は改ざん問題との関係を強く否定。再調査の要求も拒んだ。

 「なぜ改ざんが行われたか。首相の発言がきっかけだ」。社民党の福島瑞穂党首は、首相が過去に国会で「私や妻が関係していたら首相も国会議員も辞める」と答弁したことが、改ざんの「発端」だと迫った。

 首相は「(答弁が)きっかけとは手記には書かれていない」と反論。それでも野党側から同様の質問が続くと、思わず「読んだのか。手記には(書いて)ない」と声を荒らげた。 【時事通信社】