衆院解散はコロナ収束後に=公明代表

 公明党の山口那津男代表は24日の記者会見で、新型コロナウイルス感染の問題が収束するまで衆院解散・総選挙は望ましくないとの考えを示した。東京五輪延期が解散時期に影響するかを問われ、「解散権を持っている人(安倍晋三首相)は世界が危機にひんしている状況にいろいろと配慮して懸命に対応していただきたい」と述べた。 【時事通信社】