新型コロナ対策で3兆円供給=企業金融支援―日銀

 日銀は24日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響に苦しむ企業の資金繰りを支援するため、今月導入を決めた特別な公開市場操作(オペレーション)を初めて実施した。金融機関から積極的な応募があり、計3兆3968億円を供給することを決めた。

 特別オペは、金融機関が保有する社債や手形、貸付金などを担保として差し入れれば、金利0%で1年間、金額無制限で日銀から資金を借りることができる仕組み。金融機関に有利な条件で調達させることで、中小企業への融資を促す。

 黒田東彦総裁は同日の衆院財務金融委員会で「幅広い企業の資金繰りの円滑確保に役立つ」と意義を強調した。 【時事通信社】