立憲、山尾氏の離党届受理

 立憲民主党は24日の常任幹事会で、山尾志桜里衆院議員の離党届を受理した。山尾氏が希望している共同会派への残留は認めるが、先の改正新型インフルエンザ対策特別措置法の採決で造反したことを受け、衆院法務委員会の理事から外す方針だ。

 福山哲郎幹事長はこの後の記者会見で、山尾氏の離党について「残念だ」と語った。山尾氏が党内論議の在り方を批判していることに関しては、「政党運営はみんなが100点というのは難しい」と述べた。 【時事通信社】