安倍首相「開催国の責任果たす」=東京五輪

 安倍晋三首相は24日夜、東京五輪の延期について「遅くとも2021年夏までに開催する。日本として開催国の責任をしっかり果たしていきたい」と強調した。国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長との電話会談後、記者団に語った。

 電話会談で、首相は「世界のアスリートが最高のコンディションでプレーでき、観客にとって安全で安心な大会にするため、おおむね1年程度延期することを軸として検討していただけないか」と提案。バッハ氏は「100%同意する」と答えたという。

 1年延期の理由について、首相は「現下の感染症の広がりを見る中で年内は難しい」と説明。「人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証しとして、完全な形で東京五輪を開催するため、バッハ会長と緊密に連携していくことで一致した」と語った。 【時事通信社】