河井案里氏、議員活動を継続=選挙違反「知る由もない」―自民

 自民党の河井案里参院議員は25日、同党の世耕弘成参院幹事長と東京都内で会い、自らの陣営の公職選挙法違反事件で秘書が起訴されたことに関し、「議員活動はしっかり続けていきたい」と伝えた。河井氏は候補者本人が関与していなくても当選無効となる「連座制」適用に向けた「百日裁判」を申し立てられており、「裁判の決定には従いたい」とも語った。

 河井氏は世耕氏に報告を求められ、事件について「知る由もない」と自身の関与を否定。「秘書の逮捕後は全く連絡が取れない。どういう供述をしているか分からない」と説明した。また、27日の参院本会議に出席する意向を示したという。

 河井氏と夫の克行前法相をめぐっては与野党から説明責任を果たすよう求める声が出ている。立憲民主党など主要野党は25日、夫妻の出席を求めて衆参両院の政治倫理審査会を開くよう自民党に要求。自民党でも中谷元・元防衛相が、代表世話人を務める旧谷垣グループの会合で「捜査中を理由に説明責任から逃れることはもう許されない」と訴えた。 【時事通信社】