雇用助成金、手続き簡略化を=新型コロナで野党要求

雇用助成金、手続き簡略化を=新型コロナで野党要求

新型コロナウイルス対策に関する政府・与野党連絡協議会に臨む(左3人目から)立憲民主党の逢坂誠二政調会長、西村明宏官房副長官、自民党の田村憲久政調会長代理ら=25日午後、国会内

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて政府と与野党が対策を話し合う「連絡協議会」の第2回会合が25日、国会内で開かれた。従業員に休業手当を支払うなどして雇用を維持する企業を対象に一定割合を支援する「雇用調整助成金」について、主要野党は申請手続きが煩雑すぎると指摘。政府側は「少しでも改善したい」と応じた。

 野党側はまた、感染の有無を調べるPCR検査の検体を車に乗ったまま採取する「ドライブスルー方式」導入など検査体制の拡充を求めた。政府側は「改善が求められる」との認識を示したが、具体的な対策には言及しなかったという。 【時事通信社】