緊急事態宣言の検討を=玉木国民代表

 国民民主党の玉木雄一郎代表は25日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令を検討すべきだとの考えを示した。玉木氏は「『自粛疲れ』で国民の危機感が緩んでいる」と指摘。その上で「オーバーシュート(感染爆発)が首都圏で懸念される状況なので、緊急事態宣言の発出について真剣に検討すべき時期に入った」と述べた。 【時事通信社】