衆院解散はコロナ収束後に=自民・伊吹氏

 自民党の伊吹文明元衆院議長は26日の二階派会合で、衆院解散の時期は新型コロナウイルス感染拡大が国内外で沈静化した後とすべきだとの考えを強調した。伊吹氏は「国内で収束していない時に解散をやるわけにはいかない。国内で収束のめどが立っても、外国がまだ困っている時にやれば内閣が批判を受ける」と語った。 【時事通信社】