安保維持、自衛隊は合憲=「連合政権」視野、立憲に説明―共産

 共産党の小池晃書記局長は26日、立憲民主党の福山哲郎幹事長と参院議員会館で会談した。小池氏は、共産が目指す「野党連合政権」が実現した場合は独自政策の主張を抑え、日米安全保障条約を維持し、自衛隊は合憲との立場を取ると説明。福山氏は「党内で共有する」と応じた。

 共産党の志位和夫委員長も野党共同会派の野田佳彦前首相にこうした方針を説明。自衛官を父に持つ野田氏が「自衛隊を肯定的に認めてほしい」と求めると、「隊員の皆さまが災害のために汗を流していることはリスペクトの気持ちを持っている」と語った。 【時事通信社】