肉の違法持ち込み、罰金3倍=アフリカ豚熱、改正法成立

 アジアでまん延する家畜伝染病「アフリカ豚熱(ASF)」の国内侵入を防ぐため、豚肉製品を違法に持ち込んだ場合の罰金を引き上げる改正家畜伝染病予防法が27日の参院本会議で全会一致で可決、成立した。個人の場合は現行の3倍に当たる最大300万円、法人は50倍の最大5000万円となる。

 6月までに施行する。空港や港湾で検査を行う家畜防疫官が、持ち主の同意がなくても荷物を調べられるようになる。違法な肉製品が見つかれば、廃棄できる。 【時事通信社】