WHO台湾不参加「残念」=菅官房長官

 菅義偉官房長官は19日の記者会見で、世界保健機関(WHO)の年次総会に台湾のオブザーバー参加が認められなかったことについて、「残念だ。わが国は従来、国際保健の課題対応に当たり地理的空白を生じさせるべきでないと考えている。引き続きしっかり主張していきたい」と語った。

 菅氏は総会で米国が中国を批判したことに関して、「第三国間のやりとりについてコメントは控えたい」と言及を避けた。その上で、「総会は国際社会の協力に向けたメッセージを発信する機会となるべきだ。WHOの機能などについて事態収束後に十分な検証を行わなければならない」と改めて強調した。 【時事通信社】