ツイート批判「真摯に受け止め」=検察定年延長で公明党の山口代表

 公明党の山口那津男代表は19日の記者会見で、検察官の定年を引き上げる検察庁法改正案に関して投稿したツイッターの内容に批判が相次いだとして、「いろいろな声があったことは真摯(しんし)に受け止めなければならない」と述べた。

 山口氏は与党として同改正案の今国会成立を目指していた12日夜、「検察官の定年延長を含む検察庁法改正案の趣旨が国民に伝わるよう、政府として丁寧に説明していただきたい」と投稿。これに対し、「人ごとのような言い方」「これに抗議しないなら公明党支持やめます」などと批判が殺到、19日夕までに約5000件のコメントが寄せられた。 【時事通信社】